A STORY TOKYO クロノキャンバス:「モモ」へのオマージュ その2

続きです。

A STORY TOKYO にて開催中のクロノキャンバス。(3月23日まで)
ミヒャエル・エンデの「モモ」をテーマに制作した文字盤たち。

灰色の紳士.jpg

「灰色の紳士」
灰色の自動車に乗り、灰色の手帳を持ち歩き、灰色の葉巻をふかす
全身が灰色ずくめの紳士。

時間の中の三兄弟.jpg

「 時間の中の三兄弟」
”一番上のきょうだいは、今いない。これからやっと現れる。
 二番目のきょうだいもいないが、こっちはおうちから出かけたあと。
 三番目のちびさんだけが、ここにいる。”   - マイスター・ホラのなぞなぞ -

盗まれた時間.jpg

「盗まれた時間」
”毎日20時間ずつ倹約するだけで、20年後には利子をつけて
 1億510万秒もの財産が!”    - 灰色の紳士の言葉より -

心の中の時間.jpg

「心の中の時間」
”光を見るためには目があり、音を聞くためには耳があるのとおなじに、
 人間には時間を感じとるために心というものがある。
 そして、もし心が時間を感じとらないときには、その時間はないもおなじだ。”
                  - マイスター・ホラの言葉より -

時間泥棒.jpg

「時間泥棒」
”1分は60秒。1時間は60分。1日は24時間で1年は365日。
 すると、1年は365x24x60x60で31,536,000秒…”
 人々から「無駄な時間」を灰色の男たちが盗んでいく。

時間の国.jpg

「時間の国」
”時間をはかってみたところであまり意味がありません。
 というのは、誰でも知っているとおり、その時間にどんなことがあったかによって、
 わずか一時間でも永遠の長さに感じられることもあれば、逆に、
 ほんの一瞬と思えることもあるからです。なぜなら、時間とはすなわち生活だからです。
 そして、人間の生きる生活は、その人の心の中にあるからです。”


「モモ」の本の中から、好きな言葉や気になる文章や題材を選んで、
そこからイメージをふくらませて、真鍮素材を切ったり叩いたりロウ付けしたり。
そして、コラージュ画を作って、真鍮パーツと合わせてから、また足したり引いたり…。
とても楽しい作業でした。
アクセサリーやオブジェを作る時に使う真鍮とコラージュ画を
初めて一緒にした作品たちになりました。個人的にかなり嬉しいんです!

その3もありますので、おつきあいして頂けたら幸いです。

aQui

コメント
コメントする








   

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Web site

Selected entries

Categories

Archives

Recent comment

  • デザインフェスタvol.39出展
    aQui
  • デザインフェスタvol.39出展
    ai
  • トランプモチーフはコントロールできないモノ
    aQui
  • トランプモチーフはコントロールできないモノ
    nami
  • コラージュ:上から?下から?
    aQui
  • コラージュ:上から?下から?
    nami
  • DaQuise aqui のBlog はじまり、はじまり。
    aqui
  • DaQuise aqui のBlog はじまり、はじまり。
    Ai

Links

Search this site.

Mobile

qrcode